SkyWay Monte Bianco / Aosta, Italy (FO-1, FO-2)

■イタリア、アオスタ渓谷の空へ。景観と調和したスカイウェイ・モンテビアンコ

イタリア、アオスタ州クールマイヨールにあるスカイウェイ・モンテビアンコ。世界屈指の速さを誇るこのケーブルカーは、モンブランの雄大な自然の中、標高の異なる3つの駅を往来し、車窓からは刻々と移り変わる山岳風景を楽しむことができます。

 

設計を手掛けた、スタジオ・プロジェッティのチラーラ・ロッシ氏は、「環境との調和」を最優先事項とし、スカイウェイのデザインに落とし込んでいます。高度な技術を用い、設置面積やエネルギー消費量を削減することで、このプロジェクトは「グリーン」なDNAを色濃く宿しています。

LAMINAMの磁器質セラミックタイル本体は100%天然原料(粘土・長石・石英等)により構成され、最終製品には安全性・ 耐久性・加工性向上のための裏面補強用グラスファイバーが接着剤により施されます。LAMINAMは全ての製品が20~60%のリサイクル原料を含み、人工・人造大理石で使用されるような化学系樹脂やセメントは一切含まれておりません。またそれらの製品と比べ結晶質シリカの含有率が非常に低く、タイル加工作業者の遊離結晶質シリカによる健康被害発生リスクの低い材質です。磁器質セラミックタイルは建築基準法上の法定不燃材に当たり、災害時にも煙や有害物質を発生することはありません。わずか3mmの厚み、1000*3000mmサイズで㎡あたり8.2kgという軽量さは、建築躯体への重量負担軽減と、天然原料採掘による環境への負担軽減、製造・輸送におけるエネルギー・CO2排出削減のメリットを生み出しています。

LAMINAMは製品特性と製造の両面でこのプロジェクトが「グリーン」であることを支えています。

 

  

FOKOS 地球を構成する原始的要素

チラーラ・ロッシ氏の設計コンセプト「周囲の景観との調和」を視覚的に表現する内装材にはFOKOS(フォコス)シリーズから「Sale(サーレ)」と「Rena(レナ)」が採用されました。地球を構成する原始的要素をコンセプトとし色合い・質感・触感を表現するFOKOS。Saleは「塩」、サーレは「砂」を意味しています。

【FOKOS DESIGN CONCEPT】
塩、砂、土、岩、鉛、黒鉛、タルコ(滑石)。
地球を構成する原始的な要素であり生態系や人類の生存に不可欠な物質は、
古い記憶とともに私たちを緊張から解放し安らかな感情を呼び起こすアースカラーのパレットに集約されます。
滑らかで柔らかい触感のテクスチャーで表現される優しい色合いは
7つのグラデーションを持ち同系色のトーン・オン・トーン、コントラスト表現で
無数の組み合わせを生み出します。
FOKOSの温かみのある表層と3メートルの大判サイズが生み出す「包み込まれる感覚」は、
安心し自分らしい時間を過ごすための空間づくりに適しています。

使用素材

OTHERS

一覧へ戻る