2024.04.17
【プレスリリース】サローネ・デル・モビーレ2024において、「世界で最も薄い」大判セラミックタイルを発表致しました。

革新的技術による世界初、世界最薄大判セラミックタイル
LAMINAMは2024年4月、サローネ・デル・モビーレ2024において、「世界で最も薄い」大判セラミックタイルを発表致しました。

 

 

革新性・デザイン性・持続可能性を両立する大判磁器質セラミックタイルのグローバルリーダーであるLAMINAMは、最新のサブブランド「twO by LAMINAM」の発表により、建築とデザインの世界に革命をもたらしました。
twO by LAMINAMは、薄さ2mmの軽量かつ持続可能な建築・インテリア表層材としてのセラミックタイルを世界で初めてご提供致します。サローネ・デル・モビーレ第62回エディションでは、その第一弾コレクションである「Gemini(ジェミニ)」が初公開されました(2024年4月16日〜21日、フィエラ・ミラノ展示センター、ホール22 – スタンドG16 / G18)。

 

       

製造設備メーカーを前身とするLAMINAMの技術研究と先進的な応用技術により、再び革新が実現されました。「twO by Laminam」は、建築とインテリアデザインの分野における、既存の美しさ・持続可能性・技術革新の基準を大きく高めます。1000X3000mmの大判サイズでありながら、世界最薄2mm厚を実現したセラミックタイルは、LAMINAMブランドのこれまでの商品特性・機能を維持しながら、軽量さを兼ね備えます。薄さから生まれる軽さと柔軟性は加工場や施工現場での商品の移動・切断加工作業を容易にし生産性向上に貢献します。また、薄さは同スペースでより多くの枚数のタイル搬送を可能にし、輸送コスト・CO2排出削減にも貢献します。

       

耐候性・耐UV変色性・低吸水率の特性を持ち自浄効果の高いLAMINAM磁器質セラミックタイルは、高温や急激な温度差にも耐性がある法定不燃材料です。汚れが浸み込まず、洗浄液等の薬品にも高い耐性を示す性能は屋外・屋内を問わずあらゆる空間・プロダクトの垂直面へのご採用に最適です。

      

LAMINAMは持続可能性を戦略的な開発ビジョンの中心に据え、タイル本体は100%天然原料により製造されています。全ての製品が20-60%のリサイクル原料を含みライフサイクル終了後の環境負荷の少ないリサイクル可能なセラミックタイルです。軽量で極めて薄い(体積の少ない)製品特性は天然原料の使用量削減、焼成時間短縮によるエネルギー消費とCO2排出量削減に大きく寄与します。(2mm厚は既存製品と比較して70%以上のカーボンフットプリント削減が試算されています。)「twO by LAMINAM」は持続可能性を尊重する全てのプロジェクトのために存在するLAMINAMの新ブランドです。

   

「twO by LAMINAM」から生まれるコレクションは、イタリア古典建築を礎に自然と天然石の美しさを融合させます。ブランド初のコレクションである「Gemini(ジェミニ)」は、人間と自然の間の深い対話を象徴しています。すべてのデザインは、生態系、大地、空とのつながりにインスパイアされ「視覚:表層の立体的構造を含めたグラフィック」と「触覚:触れた時の質感や感情・体験を生み出す表層面状」の最上の組み合わせの研究から生み出されます。

       

ラミナムジャパンでは「twO by LAMINAM」ブランドのコレクション、Gemini(ジェミニ)の限定先行公開イベントの開催を予定しております。詳細が決定次第、弊社ホームページにてご案内させて頂きます。